業者選びに役に立つ給湯器・ガス機器に関連した業者をご紹介します。

給湯器交換コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年11月21日 [FAQ]

給湯器が壊れた場合はどこに頼るのがベストなの?

最近給湯器の調子があまり良くなくて、先日は朝起きていつものようにシャワーを浴びようとすると一向にお湯にならなくて、給湯器を確認すると、意味不明のエラー表示が出ていました。
そのときは一度電源を落として再稼働すると、何事もなかったかのように正常に動き出しましたが、お湯の温度も安定しなくなったので、最悪修理ではなく交換をしなければいけないかもしれないと考えています。
これまで給湯器が壊れた経験がなくて、万一のときはどこに連絡すればいいのかも分からないのですが、考えられるのはガス屋さんやメーカーや水道屋さんなどがありますが、一体どこにSOSを出すのがベストなのでしょうか?


回答

賃貸か持ち家でもベストな依頼先は異なります。


ガス屋さんや水道屋さんでも給湯器の修理や交換に対応してもらえますが、賃貸か持ち家でも、修理や交換を依頼すべき先は大きく異なります。
その前に、給湯器にエラー表示が出たり、不具合が起きたと思った場合は、取扱説明書の後ろの方に記載している「故障かと思ったら?」という箇所を確認してください。
エラー表示の番号によって、ご自分で対処できるケースもありますし、簡単に直せる不具合も記載されています。
それでも対処できなかったり、そもそも取扱説明書がない場合は、専門業者のお世話になりましょう。
賃貸物件の場合は、自身で取り付けた給湯器でなければ所有権は自分にはないので、管理会社や大家さんに相談して、修理業者の手配をしてもらいましょう。
この場合は、自身で修理代を負担する必要はありませんので、完全に壊れる前に対処することをおすすめします。
持ち家の場合は、給湯器の所有権が自分にあります。
家を建ててまだ日が浅い場合は、ハウスメーカーなどの施工会社に連絡することをおすすめします。
その理由は、まだメーカー保証が残っている可能性が高いからで、その場合は無償で修理や交換をしてもらえます。
すでにかなりの年数が経っている場合は、給湯器を専門に取り扱っている販売業者や修理業者を選択した方が、給湯器の製造メーカーやガス屋さんなどよりも、修理費用や交換費用を安く抑えられる可能性が高くなります。
インターネットで検索すれば、お住いの近くでもそのような業者を見つけることができる可能性が高いので、できるだけ多くの業者を比較して、安くて信頼できそうなところにSOSを出しましょう。

PageTop