業者選びに役に立つ給湯器・ガス機器に関連した業者をご紹介します。

給湯器交換コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年05月12日 [FAQ]

給湯器の給湯能力とはなんですか?

これから給湯器の交換を検討していて、そのためにいろいろな給湯器の商品についてチェックしているところです。
その際に給湯器の能力はどこをチェックすれば理解できるのかよくわかっていなくて困っています。
給湯器の能力は何をチェックすれば確認することができるのか、どのように選べばいいのか教えてください。

回答

給湯器の能力は号数によって表示されています


給湯器はそれぞれ号数によってお湯を出すための能力が示されています。
たとえば、16号や20号、24号といった号数があり、この数字が大きいほど一回につき大量のお湯を使うことができるのです。
たとえば、一人暮らしであれば最低限の給湯能力でも十分対応できるでしょう。
しかし、家族で暮らしている場合には、誰かがシャワーを浴びているときに、台所では洗い物をしているというケースがあります。
したがって、それぞれの利用環境に合わせて最適な号数を選ぶことが大切なのです。
号数の数字そのものに意味があり、たとえば、24号であれば1分間に24リットルのお湯を使うことができます。
20号であれば1分につき20リットル、16号であれば1分につき16リットルです。
シャワーはだいたい1分に10リットルの水を使うため、シャワーを浴びたいのであれば最低でも16号は必要でしょう。
もし、シャワーと給湯を同時に利用したいのであれば、16号では不十分であり、20号のものを設置したほうがよいです。
さらに24号であればシャワーと給湯を同時にできて、それでも余裕をもってお湯を使うことができます。
シャワーを使って、なおかつ2箇所で給湯をしたいのであれば、28号の給湯器を用意するとよいでしょう。
給湯器の号数の注意点として、お湯を出す能力は余裕をもたせることが大切です。
ギリギリの号数のものを使ってしまうと給湯器に常に大きな負担がかかってしまいます。
特に冬場は気温が下がっているため温度を上げるために多くのエネルギーが必要となり給湯器に負担がかかるのです。
冬場でも安心して給湯器を使いたいのであれば、号数のより大きな給湯器を選ぶとよいでしょう。
一般家庭でよく用いられる給湯器の号数は16号や20号、24号、28号です。
ファミリー世帯であれば24号の給湯器を用いることが多く、1人や2人の世帯であれば16号や20号が多いです。
給湯器を交換する場合には、基本的に現在使っている号数に合わせて給湯器を選ぶとよいでしょう。
ただし、現在の給湯器のパワーに不満を抱いているならば、号数を増やすという選択肢もあります。

PageTop