業者選びに役に立つ給湯器・ガス機器に関連した業者をご紹介します。

給湯器交換コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年06月16日 [FAQ]

ガスの自由化にガス機器や給湯器は関係ありますか?

電力の自由化に次いで、ガスも自由化されましたね。
そこで、我が家もガスを自由化しようと思っているのですが、なかなか機会がなく、というより、よくわかっていないのでまだ選べていません。
そもそも、ガスの自由化ってなんなのでしょうか?
我が家は現在、プロパンガスを使っているのですが、都市ガスにすることができるのでしょうか?
そもそも、プロパンガスと都市ガスの場合、使っているガス機器や給湯器は同じで大丈夫ですか?
教えてください。

回答

ガスの自由化は都市ガスの自由化のことです


あまり詳しく説明されていることもないようなので、解説すると、ガスの自由化というのは、正確には「都市ガスの自由化」となります。
ご存知かと思いますが、ガスには「都市ガス」と「LPガス(プロパンガス)」があります。
あと、団地などの多くの世帯が一か所に集合している場所では、通称、団地ガスというものがありますが、戸建ての場合は2種類のどちらかになります。
同じガスなのですが、都市ガスとLPガスではそもそも根本的に異なります。
LPガスは、定期的にガスボンベを交換に来ると思いますが、都市ガスは地中に配管が通っており、そこからガスが供給されるのでボンベの交換はありません。
このガスの配管は、大手のガス会社が導入?ガスの配給までを担っており、これまでは地域で都市ガスを供給する会社が決まっていました。
しかし、ガスの自由化によって、地域で独占されていたところに、様々な企業の参入が可能となり、どのガス会社と契約するかを選べるようになった、ということです。
ちなみに、LPガスについてはあまり知られていませんが、元々どのガス会社と契約するかは自由です。
戸建ての場合、工務店が契約しているガス会社と最初から契約している場合がほとんどですが、変更することは認められています。
LPガスから都市ガスへの切り替えは、都市ガスの配管が通っていれば可能ですが、自宅まで配管を引っ張ったりする工事が必要なので、どうしても初期費用はかかりますし、LPガスに比べて高いです。
また、給湯器は問題ないと思いますが、ガス機器に関しては買い替える必要が発生する可能性もあります。
ガス警報機は間違いなく買い替えが必要です。
もし、切り替えをご希望の場合は、まずは切り替え可能かどうか、調べることから始めましょう。
LPガスについては、いつでも会社を変更することができるので、月々の料金に不満がある場合は、交渉すると良いでしょう。

PageTop